●ルパルパ.Net



●ルパルパTOPへ戻る


●2018/06/24  → 「クロムクロ・小説」 関連サイト
 その他『小説版を今更ながら2話分読んだ』

 すっかり忘れてたアニメ終了後の話。小説が電子書籍で公開というので読んでみた。

 1話が126ページ、2話が161ページとライトノベル半分づつ、くらいの文章量で、価格も1話330円程度でお手ごろ。小説だけど30分アニメ的な感覚で読んでいる感。

 もちろんなのだけど、完全に続きとして書いてあるからアニメを見た人向けで、最終話で宇宙船で旅立った直後からの話となっている。なかなか読みやすくてよい感じ。

 ちゃんと宇宙の移動は時間が掛かることを描いており、1話ではエフィドルグに攻撃を受けている星系よりの救難信号を受け、自分達が応援に行くべきか? また、行くにしても自分達が現地に到着する頃には戦闘後50年が経過している、などの話となっている。

 さて、ロボ戦闘だけど、由希奈はアニメでも乗ってた鹵獲した指揮官機メデューサの単身パイロットとなっており近接戦闘メイン。乗れる人が彼女しかいないから仕方ない。あの人、性格もまったく変わってないように見えるけど、キモが据わってて集中力もあるから実は安定して何でも難なくやれちゃう的な強みがある。ちなみにソフィはガウス改良型のmk−4で相変わらずサポート役。由希奈に全幅の信頼を寄せてマブダチになってた。

 小説は、毎月1日、15日で更新されるようなので、楽しみに追っていこうかと。





●2018/06/20  → 「ファイアーエムブレム・ヒーローズ」 公式
 FEH『揺り戻し』

 夏の風物詩、FEHにも水着ガチャ再来です。皆様どのように爆死されたでしょうか?

 うちは無料含む2回目でまさかのGet。実にありがたい。キャラはまったく覚えてないし、ボディビルダーみたいな水着の人なので絵的にはどうでもよいのですが、スキルだけは欲しかったので助かった。他キャラは特に…。「実は泳げる」人も嫌いじゃないけどねw

 いいなぁ〜って思うかもだけど、当方、先日手痛い爆死をした後だからね、揺り戻しが来てるだけでしょ。問題はこの後ですよ。欲しいキャラが来た時に当たってくれるかの方が問題。それはそうと、水着キャラは第二弾もくるのかね? 次はなんだろう??





●2018/06/19  → 「チェインクロニクル」 公式
 スマホ『コラボとは・・・何だ?』

 最近、よく見かける「Re:ゼロ」とのコラボ。スマホで有名なチェインクロニクルでは、「うたわれるもの」とのコラボ。こちらもコラボ、あちらもコラボ。

 そもそも、コラボって何を目的としてるんだ? コラボをする前提とか条件ってナンなのだろうか? もちろん集客が目的なのは当然だけど、微妙にそれぞれで目的が違ってない?

 その辺、考えてみると実は色々事情があるのではないかと。そんな意味もこめて、どうせ更新ネタもないので考察を書いてみました。


 まずは「Re:ゼロ」ですが、こちらも「白猫プロジェクト」とのコラボ。リゼロって、なにかとコラボしている媒体が多いように思うのだけど、…確かにいくつかあるよね。

 コラボに必要な要素を挙げてみると、知名度、人気、ゲームへの導入し易さ、版権料、キャラ導入への手間、版権元の思惑、などに分類されますが、つまるところ、

 知名度も人気があり、導入にあまり手間が掛からず、世界観にマッチし易く、分かりやすいキャラ像があり目立ち、版権元も押したい、加えて、コラボにかかる料金が安い。…それが理想のコラボでしょう。作品により、その一部が良かったり悪かったりするのかと。

 「Re:ゼロ」が若干なりとも多い、よく見かけるというのは、その条件に合致しているからだと思います。


 少し前、B級以下のスマホゲーで「ギルティギア」関係のコラボが流行りました。当方もコラボのあるスマホゲームを2作も遊んでいたのでよく知っています。

 …なお、体感で話します。話しますが、個人ブログなので怒らないで下さい。

 さて、その2作とは、「レッドストーン2」、「ブレイジング オデッセイ」なのですが、コラボガチャとしては失敗にしか見えませんでした。「ブレイジング オデッセイ」はまだ無料でコラボキャラがGetできたので使っていた人も若干はいたのですが、「レッドストーン2」は悲惨でした。ガチャ限定だったので、誰も、本当に誰も使ってない。つまりガチャしている人がいなかったわけです。コラボとしては大失敗というわけです。

 まあ、当時の「レッドストーン2」のガチャ排出量は低すぎた面もありますが、それにしたって、どこにもいないってオカシイでしょ。未実装かと思ったくらいですし。当方もまったく興味ゼロだったので完全スルーしてましたし。

 つまり、これは前提条件として、知名度:C、人気:E、導入し易さ:Bといったところでしょうか。しかし、コラボが実施されたのには理由があるはず。つまり、他の部分が優れていたと考えられます。
 ぶっちゃけ、版権料が安かったんじゃね? ギルティギア、知名度はボチボチながら女性客はまずひっかからないし、人気もイマイチだけど、安いし手間もそんなに掛からないから、コラボしてないより話題性はあるだろう程度の認識で導入という事ではないか、と。


 さて、コラボというとPSO2がなんでもやってる印象で、こちらは版権料より話題性を重視している気がします。だから、版権料は重視してないのかもですが、そこはさておき。

 6月末にコラボするアニメ「BEATLESS」のキャラ衣装などですが、当方まったく視聴してなかったもので、せっかくだからどんなアニメなのかと思ったら…。あ、うん…。

 アニメのデキを見るに、このコラボは完全死亡ではないのかと実装前から戦々恐々ですが、ここでもコラボ条件が別途見られます。「Re:ゼロ」が最近に多いのは、後追いコラボだからだよね。人気出たのを見てコラボを準備したから、アニメ終了後、こんなに遅くなってから各種コラボが相次いでいるって事よね。

 逆に、「BEATLESS」が、アニメ放映中にコラボ実装するという事は、放映前にコラボが決まっていて、準備していた、もしくはかなり初期に決まっていたって事だよね。ここまでクソ…、いえ、残念ながら評価を高く出来ないアニメだったというのは、導入前に読めなかったんだろうけど。コラボも博打よね…。「Re:ゼロ」は確実にそれなりの成功を収めるけど、版権料もそれなりかもね…。

 先にコラボありきで決まっている企画、人気が出たからという後追い企画。色々ありますねぇ…。コラボする側も、予算と時間が必要なのでクオリティUPのために、どれだけ労力を使うかと言う現実的な問題も難しいのでしょうね。


 そういえば、先日スマホゲー「禍つヴァールハイト」ではVチューバー・シロとコラボしておりましたが、話題性そこそこ、人気?…ですが、もうひとつ大きな利点がありました。

 それはイメージUPです。大元のゲーム自体に華がなく、めっちゃ地味路線のゲームなので、シロの華やかさで全体の印象が上がっているという部分です。自前で魅力のあるキャラを生み出すって容易じゃないからねぇ…。だったら最初から人気があるキャラを利用してイメージUPさせてしまえ、という考えはナカナカだと思います。

 また、導入するキャラがどの年齢層に訴えかけるものなのかも重要で、コラボ作品がどんな年齢層に受けるのか?というのも考えどころです。最初に紹介した「うたわれるもの」はゲームもアニメも古いので、それなりの年齢向けに訴えかけている、という見方もあります。マーケティングというやつね。企画を考える人は大変です。

 この話は結局、コラボをする側には至極どうでもいい話です。中身なんかどうでもよくて、自分に都合の良いコラボさえあれば幸せなだけです。


 ──と、まあ取り留めのない話をしましたが、まとめますと、コラボにも色々な思惑が重なっているという事を再確認しつつ、自分の好きな作品が来たら大喜びしましょう、という事です。
 コラボ導入には金も手間もめっちゃ掛かるのです。コラボのデキ問わず、コラボしてくれた事だけを喜ぼうじゃあないですか。コラボさえない作品も山のようにあるわけですから。

 ちなみに、当方がいま一番コラボして欲しいキャラは、ちぃたんです。

 お後がよろしいようで。では、次回こそ何かしらネタがある事を切に願いつつ、本日はおやすみなさい。月末まで仕事で忙しいので、当分は更新しないかも。





●2018/06/16  → 「オーディナル・ストラータ」 公式
 スマホ『Re:ゼロ・コラボ』

 最近、当方の中でReゼロ熱が再燃しておりまして、アニメ見直したり、前は見てなかった外伝小説にまで手を出す始末。いやぁ、面白くていいですね。

 そんな中で、ちょうどコラボ企画をやっていたスマホゲムーム「オーディナル・ストラータ」に再び手を出してみました。サービス開始時に遊びましたが、シナリオがあまりにも…、だったせいですぐアンスコした記憶があります。

 しかし、目的はコラボで登場するエミリア達を堪能すること。さっそくガチャりますか。


 なにこの沼…。

 一応ステップアップで1万円分入れれば、確実に一人はGetできるのですが、その後がヤバイ。なんとかレムも当てて2人揃ったけど、ラムが当たらない…、確率1%以下は間違いないと思う。他に当たった人自体を見たことすらないよ。
 ラムは実装されてない事にします。…ヤバすぎて沼どころじゃない。

 まあそれはともかく、レムはなんで包丁装備してんの? 例の鉄球じゃあないのか?と不満に思う方も当然いると思いますが、鉄球は必殺技を使った時に出てきます。通常戦闘では包丁使ってますね。まあ、装備が色々あるゲームだから、その辺は出てくるだけマシと考えましょう。
 エミリアはそのまんまな感じでいいんだけど、猫ツメとか装備もできるよw


 戦闘ですが、元々シナリオ以外はそれほど悪くないゲームなので、レムやエミリアの見た目の最限度はほぼ完璧だし、戦闘も違和感ゼロですな。バトル勝利時に、エミリアが「びくとりー!」って両手広げて喜んでるのはほんと可愛い。

 イベントバトルで開催中の白鯨討伐戦。登場シーンとかそのまんま再現されているし、必殺技の霧ブレスも納得の再現度でよろしい。ちなみにReゼロキャラが参戦すると白鯨戦でのみキャラが強化される。非常につおい。

 このレイドボスは他プレイヤーさんと協力して戦うんだけど、戦闘参加プレイヤーのうち、ダメージを与えた順で討伐時の報酬がUPする。初級でも自分だけで倒せば報酬総取り。問題はそもそも過疎なのでレイド参加者が少ない事かしら…。(←問題だよなぁ)


 各キャラの必殺技もなかなかデキが良く、レムは角発現させて鉄球ぶちかまし。エミリアはアニメ後半で魔女教と戦った時の氷弾攻撃。…まあ、公式サイトで動画を見れるのでそちら参照。
 で、実際に使ってみたところ、エミリアが便利すぎて強い。範囲攻撃+デバフが簡単に出せるのがザコ一掃にやたらと便利。レムは必殺技を使うと鬼化でHPが倍になるので、強いは強いけど、なんというか…しぶといw

 さて、総評です。コラボとしてのデキはかなりよい、と言っていいと思います。完成度が高い。たぶんないだろうけど、この完成度ならペテルギウスとも戦いたいくらいです。
 しかし、ガチャが沼すぎて3人揃えるのは無限地獄。半端に金出すならやめたほうがいい。また、グラフィックはいいけど、過疎なのには相応の理由があるわけで、シナリオが想像以上にアレのため、そこを期待しなければよいと思う。過疎は仕様なので飲み込むべし。





●2018/06/13  → 「任天堂E3特設サイト」 公式
 その他『E3の任天堂から気になった2つ』

 E3でニンテン以外の作品では「アンセム」が気になったくらいだけど、任天堂は気になったのが2つありました。ポケモン? オクトパストラベラー? いえ、紹介ムービー冒頭に流れてたロボゲー「デモンエクスマキナ」です。あれは凄そうだった。当方ロボ好きの血がちょっと流れてるからね。

 スマブラもスプラトゥーンもやらない当方にとっては、E3自体、特に期待する発表があるイベントではないんだけど、期待できるゲームがあるのはいい事です。


 さて、ゼノブレイド2の追加シナリオがいよいよ公表されたわけですが、これは凄いな…パッケージで別売り出来てるって事は、それ単体で問題なくボリュームがあるって事でしょ? しかも本編で詳細が語られなかった過去編だし、否が応でも期待してしまう。

 実は当方、追加シナリオがあると聞いていたので、それが来てから本編をまとめて遊んだ方がいいよな、と思ってゲームを休止してたのです。まさか、単体パッケージになるほどの追加シナリオがあるとは思わなかった。過去編となれば、むしろ現在のゲームはクリアしておくべきだよね。

 久しぶりにゼノブレ2を再開する事にします。ちょうど遊ぶゲームないし。

●2018/06/13  → 「ファイアーエムブレム・ヒーローズ」 公式
 FEH『新作 風花雪月の話』

 2019年春に発売という新作。これなんて略すべきか、風花でいいのかしら。

 ゲーム的には個人戦に加え、団体戦…、これは陣形で能力値にプラスがあったりいったところか。まだ分からんけどね。戦闘に変化はありそう。
 ただ、MAPの自由散策シーンがあったけど、あれってゲームに必要なのかなと。先日出た外伝リメイクの洞窟探索とか面倒なだけで何もプラスになってなかったしなぁ。…とはいえ、主人公キャラメイクには期待してます。どうせまた結婚とか子供とかありそうだし、イケメンでも作るかー。

 まあいい。その辺はどうとでもなる。ファイアーエムブレム昨今の問題と言えばシナリオがクソである事。こればっかりは心配せざるを得ない。紹介ムービー中の会話を聞いていると、紋章が力を持っていて、悪側がそれを使って権力を得ているような話だった。題材はいいけど、ちゃんと料理できるのかね。不安しかない。

●2018/06/13  → 「ドラゴンクエスト10」公式
 DQ10『ジューンブライド・イベント』

 開始されたRe版のジュンブライベント。報酬が新しくなったという事で挑んでまいりました。元気玉3つはオイシイけど、無理して遊ぶイベントではないかもね。内容同じだし。

 しかし、DQ10は過疎だなどと誰が言っているのだろうか? 平日の15時でもかなりの人数で驚いた。まあ、イベント会場が共通MAPだから多くもなるか。しかし今回の目玉は新家具ですな。なかなか可愛いデキで満足。


 で、内容を再びプレイしていて思ったのは、シラナミは口は悪いだけで、実際何も悪いことをしていないのに結婚式ジャックされて、嫁さん奪われて可哀想w そういえば話の続編がまだだったので、クリア後の話も進めて欲しい。シラナミも早く幸せになってくれ。

 しかし…、エルフってイベント上でかっこいいNPCがいないんだよね。マイユとかヒューザとかラグアスとかストーリーで活躍してんのに、それに見合うキャラがシラナミかメッシしかいないってどうなの? 神の器のメンバーにメッシ出たら違和感しかないw

 数段落ちるどころか数百段足りてないから何とかして欲しい。そんな事を考えながらプレイしていたジューンブライドでございました。





●2018/06/12  → 「ファイアーエムブレム・ヒーローズ」 公式
 FEH『・・・・・。』

 あのさぁ…。

 嬉しくないわけじゃないよ? 無料分で出たのはありがたいよ? でもさぁ、なんでカアラの時に一発で出ないで、ここで一発なんだよ。おかしいでしょ。

 440使ったんだぞ!(←まだ言ってる)

 それはそうと、相変わらずオーブの購入が出来ない不具合でカスタマーサポートとやり取り中。通常できる限りの方法を試してダメだったからか、今まで担当してた人がお手上げだったのか、その上の人が出てきた。それはどうでもいいから早くオーブ購入させてくれ。ほんとなんなのこの不具合。





●2018/06/09  → 「ファイアーエムブレム・ヒーローズ」 公式
 FEH『440!!』

 440!! 440個だぞ! 聞いているかキサマ! よんひゃくよんじゅう!
 おかしいだろ! オーブそんだけ使ってんだぞ? カアラ居ないすぎるだろ!

 ラガルトは最初の最初に出たんですよ。速さ↑。…これは行ける! この調子でカアラも、あわよくば飛行ニノもGetできる! そのように考えていたわけですね、当方。

 出ねーよ! いっくら回しても出ない。サスガにおかしいから一気には引かないで、時間も開けて試してみた。それでも出ない。いやいやいやいや、待って下さい。無料オーブだけど、440個よ?

 そりゃあね、カアラ来なかったけど、すり抜け☆5は来てましたよ? アルム、初期リン、エルトシャン、アレスの4人です。すり抜けすぎじゃねーの…? ☆5が出なかったわけではないけど、過去の人ばっかり出てもねぇ…。

 一応ね、当方はアルムは良個体だったので歓迎なのですが、今回望まれている人物はそちらではなかったわけで、もう泣くしかない。

 しかも、悔しいからオーブ買い足そうと思ったら、「通信不良エラー・中断された処理を完了させて下さい」という表示が出て、完了ボタンを押して「処理が完了しました」と出ても、何度も同じ表示が出て直らないまま買えないし。結局カアラGetできず…。

 まあ…、仕方がないからカアラは諦めます。それはいいけど、オーブ購入処理の不具合このまま直らなかったら困るな。どうしたものか…。

●2018/06/09  → 「禍つヴァールハイト」 公式
 スマホ『面白そうね』

 事前登録が始まったスマホゲームなわけですが、先日、ニコニコ生で生放送をやっていたのを、たまたま見てたのよ。ナカナカ面白そうだったね。VTuberのシロさんも楽しかった。

 MMORPGらしく、キャラメイクもスマホにしては細かいし、シンボルエンカウント式で、自分はひとりだけど、他プレイヤーさんが加勢してくれれば4人パーティで戦えるようです。画面が綺麗なのも評価高い。その分、通信とかは重そうだけど。ちょっと注目しておきたい。





●2018/06/05  → 「ファイアーエムブレム・ヒーローズ」 公式
 FEH『烈火・新キャラァァァァァァァ!!』

 母ちゃん!! 母ちゃんじゃあないか!! カアラママがまさかの登場!!

 ぬおおおおおおお! なんという俺得! マイナー隠れキャラだったし、第二回人気投票でもさっぱりだったから100%諦めてたけど、そうか…、ビジュアル的にガチャが回ると踏んで運営に拾われたか。これはステ関係なく回さなくてはならんな。娘さんのフィルと一緒に使いたいけど赤剣2人になるのは困るなぁ…。しかも、カレル叔父さんも入れると3人赤剣という案件。

 それはそうとラガルトさんも正規加入キャラのくせにマイナー感に満ちた人だったけど、武器強すぎじゃね? ブレード殺し的なヤバさがある。盗賊ユニットはこういう系が面白いかもね。

 飛行ニノは、今強いかもしれないけど、マリクの武器練成が控えてるから飛行系は怖い。

●2018/06/05  → 「ファイアーエムブレム・ヒーローズ」 公式
 FEH『いつもの』

 ・・・・・・。

 なに? なんか文句あるの? レイヴァンだよ。───はい、羽根行き。

●2018/06/05  → 「キングスレイド」 公式
 その他『ヒドイ運営と今現在』

 前に面白いーって遊んでたスマホゲーなんですが、4月のガチャがヒドイ低確率で、沼のような排出率でその確率も公表されなかったのですが、仕方ないと回してたんです。

 そしたら20日ちょい後に同じ内容で確率上げまくったガチャが登場。まだ1カ月も経たないうちに、そういうもの出されたものだから、そりゃあ金払った人は激怒ですよ。そらそうよ、金掛けまくて出したキャラが数日で緩和で出し放題じゃイカンでしょ。

 そりゃあもちろん、ものの見事に批判の嵐だったわけで、当方もそれなりに廃課金してたので文句言いましたが、のれんに腕押し。やり口が気に食わないからキッパリやめる事に。ゲーム自体は好きだっただけに、なんとも歯がゆい限りでございました。


 …で、ヒマ潰しがなくなってしまったので、どうしようかなーと思ってたところに、MY中二病がうずきまくってた大鎌、それに天使キャラがいいなあと思ってたら、こんなのあったなぁと思い出したのです。

 キングスレイド。これならガチャもない。大鎌キャラも天使キャラもいる。オート戦闘もあるし、育成もそれなりに幅があるし、いいじゃないか。よしやるか、と今LV60。ここくらいからLVが上がりにくくなり、ストーリー進めるのもキビしくなってくる。

 それで? どうなの? 面白いの? ………特に…。しかも、ロード長いし。

 じゃあ、なんで遊んでるんだよ!! やめりゃあいいじゃないの! 他にもあるだろ! 他のでいいじゃん! …いやそりゃ他にあればいいけど、何にもないじゃない? FEHはやってるけど、あれだけじゃ持たないし。

 結局、スマホでゲームやってるのはそのFEHくらいで、あとは電子書籍で小説読んで時間潰してる件。先日プレイした「OVERHIT」の重ダウンロードのおかげで6月末まで通信制限掛かっててマトモに遊べないから、いい機会だと思ってスマホゲームは休止だわね。


 次、家ゲーの話。

 ケッコウ前に色々なネトゲを紹介しておりましたが、あれは皆様のための親切心などこれっぽっちもなく、懐古心を刺激していたわけでもなく、ただ単に当方が迷走しまくっていただけだったわけで…。何かないかと偽りの笑顔の下で苦悩にあえいでいたわけです。

 色々と不満を飲み込んで認めた上で遊んでみて、永住すべきゲームはないのかと探していたわけですよ。結局は「これを求めてた」というものはなかったのですが、PSO2で大鎌の武器迷彩が倉庫に眠っていたのを発見し、大鎌で無双しながらPSO2遊んでるとこ。LV上限が上がったタイミングでもあったから、ちょうど良かったのもあったけど。

 とはいえ、ハマっているわけでもなく、DQ10ちまちま、PSO2ちまちま、くらい。あとはTERAはまだやろうと思ってる。天使アバター当たってしまったし。それと、ソウルワーカーは遊ぶたびにデータ破損して、アンインストールで入れなおし。なんで破損?

 …あ、ちょっと待って? FF14は? あなた、FF14はどうしたんですか? 課金したんじゃないんですか? これは続けて遊べそうって言ってましたよね? あれはリップサービスだったんですか? もしかしてリップサービスだったんですか?!

 いいえ、そんな事はありません。チョコボで風になるのだけは好きです。MAPを無駄に走り回るだけは旅してる感あって好きです。でも、戦闘は…。ふふふ、世の中うまくいかないものですね。





●2018/05/31  → 「ドラゴンクエスト10」公式
 DQ10『ストーリーをクリア &釣り』

 ウェーイ! 終わったぜ。自分レンジャー大正解なボス勢でした。炎を吐くヤツ多かったからね。それに斧も鉄甲斬が便利で助かりました。やっぱりレンジャーは面白いね。

 火力&デバフ、スタンに壁役と、今回も大活躍だった我が家のメソポタミア氏にも救われ、苦戦する事もなくクリア。っていうか自分より活躍してた件…。やっぱり壁がいると楽ですなぁ。今回の限定参戦NPCも強かった。…どうせショップに服が来るだろなぁw


 さて、こちらは今回追加されたお魚「リーフシードラゴン」です。

 この人はとにかく釣竿に掛からない。極めてレアなのですが、いざ掛かってしまえば釣り自体はクラゲと同じような難易度。高級な☆3釣り道具1本消費してやっと一匹掛かった。

 っていうか、今回の追加魚は手ごわいのは1種だけで、あとは安い釣り道具でも釣れる感じ。だからこのリーフシードラゴンを釣るのも高い竿使うとメッチャもったいないです。

 まだ全種のキングサイズは釣れてないので、あとでゆっくり挑んできます。





●2018/05/30  → 「ドラゴンクエスト10」公式
 DQ10『アプデと 斧ロマン』

 うまいこと連休貰ってたのでウキウキしながらアプデに挑んだわけですが、最初にやったのが防衛軍でした。目的はもちろん新斧をGetする事。今回の日記はそれについてです。

 ちょうど新防衛MAPツスクルだったので戦って参りましたが、2匹のボスが全然攻めて来ないので、敵が途切れたところで叩きに行ったら、自軍の防壁がいつの間にかザコ敵だらけで、またたく間に破壊されて終了。これ、範囲攻撃というか魔法使いが活躍しそう…。


 さて、今回のメイン話はこの新斧です。錬金効果が微妙…というか、まあ明らかにヒドイ効果はないので、いちおう実用レベルの斧が出たのでこのまま使用することにしました。

 アプデ事前情報から注目していたのは、付属している効果の「共鳴テンションUP+5%」の部分。…共鳴テンションUPとは、誰かがUPした時に一緒にUPするって効果。なんともロマンを感じずにはいられない効果ながら、使いどころがイマイチないのが実情です。普通に考えるとあってもなくても構わない効果だと思います。思いますがここは強化。

 自前の宝珠&飾り石でさらに+6%。合計11%もの共鳴テンションUPまで上げます。


 そりゃあもう当方にとっては”ロマンが現実になる”んだから大喜びですよ!

 いつもストーリーで連れまわしてる仲間モンスター・おおきづちの「メソポタミア」氏は、特技でテンションがビシバシ上がりますし、それでぶん殴るのが持ち味です。

 テンションUPしてウルトラスタンプ(中範囲攻撃1900ダメージくらい)は元々えらい強いのですが、それに吊られて当方も共鳴テンションでガンガンUPするというなら、これは面白いことになりそうだ、と楽しみにしていたのであります。

 ま、そういうわけで、どれくらい共鳴でUPするのか? いよいよ実践開始です!


 ん? ぬうううん?? ふむー…、あー、ははぁ…。なるほど。

 まあ、上がる事は上がね。頻繁ではないけど、気づいたら上がっている事もある、くらいでしょうか。そもそも共鳴は11%だから、狙って上がる程の高確率でもない。でも、確率だから、上がるときは2段階上がってたりもするし、お得感はあるね。何かを消費するわけでもないわけだから、なかなか面白い合わせ技だと思う。

 仲間モンスターは最近キラパン&キメラばかり話題になっているけど、それ以外でモンスターを使っている人ってあんまりいない気がする。でも、こういう楽しい組み合わせもあるわけだから、自分なりの仲間活用法を探してみるのも楽しいと思うよ。探してみてくれ。

 そんなわけで、これからストーリーに挑んで参ります。構成は自分がレンジャー、魔戦、僧侶、おおきづちでGO。メイン火力はおおきずち。Ver4.1では彼が大活躍だったので、今回もやってくれると信じております。ではこれにて!!

●2018/05/30  → 「OVERHIT」 公式
 スマホ『OVERHIT、遊んでみた』

 話題作なので少し見に行ってみました。しかしダウンロードのデータ通信料凄まじすぎて、リセマラしようにも当月の通信量限界まで届いてしまう勢い。リセマラするほどの意味はあるのか、面白いゲームなのか?…というのが見極めどころです。

 ぶっちゃけてしまえば、キレイなだけの普通のゲームですなぁ。

 美麗なグラフィックは際立つけど、やっている事は特に今までのゲームと変わりもなく、既視感の伴うチュートリアルを眺めながら、淡々と進めていく普通の流れ。

 メインとなる戦闘シーンは、変にリアルタイム指示などではなく、少し前に流行ったオート放置のおまかせバトル。その辺は便利で楽だし、キャラもよく動くからいい感じではある。特殊攻撃の演出もくどくないのは良い。
 属性による火力の変化はかなり影響があり、戦闘中に仲間を交換できないので不利属性のボスに挑むと、挽回の機会がないのはツライ。序盤ですら、不利属性だとザコ敵でも強いからゲームが進んだら影響大きいだろうし。逆に色々な属性のキャラを育てなきゃいけないので、パーティ構成をあれこれ考えて組む楽しみはあるんだろうな、と思う。ゲームとしては普通だけど悪くない。丁寧さは感じるねぇ。
 ただ、これはもう趣味趣向の問題なんだけど、アニメ絵の会話キャラと、中華くさい3Dキャラモデリングがあまりにもかけ離れすぎていて、ちょっと無理。

●2018/05/30  → 「ファイアーエムブレム・ヒーローズ」 公式
 FEH『憎悪』

 ニヤァ……。

 憎め…、もっと憎め……。無料一発で☆5チビチキGetへの嫉妬に震えろ!!

 前回の日記よりのノンフィクションによる熱い手のひら返し。ちなみに個体値は守備↓魔防↑なんで大差ない。当てた事自体が栄誉。まさに歓喜! 歓喜の嵐である!!

 諸君らも頑張りたまえ! ウワッハッハッハッ!





●2018/05/27  → 「ドラゴンクエスト10」公式
 DQ10『アプデ準備はいかがでしょうか?』

 Ver.4.2の目玉ではないかと思えるネコ…。我が家で飼えるのか、ネコカフェみたいな専用施設に出かけて愛でるのかは不明ですが、普通で考えれば我が家専用だよなぁ…。

 ところで皆様、アプデ前の準備はよろしいでしょうか? …は? 前準備って言っても、今できる事なくない? しいて言えばお金でも用意すんの? そう考えるのも無理はないと言えよう。だが違う。今のうちに用意しなくてはいけないものがある!!

 釣りの道具ががまた値上がりするから先に買っておく。まさにこれである。釣りのためにDQ10をやっているアウトサイダーどもが虎視眈々と新魚を狙っているからだ! 甘く見るな!! ヤツらのせいで、どんだけ値上がりすると思ってるんだ!!

 …まあ、釣竿はともかく物価の変動があるはずなので、今のうちに売れるもの、買うものは整理しておく事が重要。それに、自分の装備品も見直しするいい機会なので、新しいのを買う必要がなくとも、もうこれはいらんだろ、のような装備を処分するにはこういう機会しかない。いらないベルトとか無駄に装備枠つぶしてるんじゃないの? 処分しようよー。

●2018/05/27  → 「ファイアーエムブレム・ヒーローズ」 公式
 FEH『無言の品評会』

 最近、我らが将軍連盟では「ピップアップ召喚」での無料分で、何が出たかを無言で画像だけLINEに送るという現象が発生している。そこに言葉など必要ない。

 いや、言葉すらいらんでしょ。お悔やみでも連呼するんか? 余計に悲しいわ。

 だが、たまに裏切り者が発生する。☆5のキャラ画像を偉そうに貼る空気読めないクソ野郎がいる。画像だけ見て憎しみだけが沸いてくるのは初めてだ。悔しくて堪らない。
 俺がジョーカー引いてる横で、嫁リン叩きつけてきた友人が憎い。ヤツは近いうちに消去だ。クソッ! 俺に…俺にもオーブがあればっ! 今は我慢だ! 貯めてやる…。

●2018/05/27  → 「ドラゴンボール・レジェンズ」 公式
 スマホ『DBレジェンズ、遊んでみた』

 このゲームのリセマラでは、孫さんとベジータさんが当たりで、それ以外は妥協だ、という話は聞いていたのだが、別にあの人達は好きでもなんでもないしなー、とは思ってたので、最初のガチャでEXチャオズが2枚出た時点で、ああ、これで行こう!と心に決めた。

 このゲームの最大の特徴は、ドドリアとかギニュー特戦隊の面々とかサイバイマンまで自分で動かせて使えるところよね。少し前に遊んだ「DBキーパーズ」はあくまで見た目だけで声もなく、固有技さえなかったから、使えても意味がなかった。

 そんなわけでチャオズでストーリーを進めてるけど、自爆使いたい放題でワロタw ノーマルのチャオズとEXチャオズで技が違うのがよろしい。キャラごとに技が変わるのはほんと素晴らしい。強さはともかく、最初からフリーザ様もヤムチャもパンちゃんも同じ仲間で使えるのは本当に嬉しい。(パンちゃん欲しいけど、むしろチャオズしか出ねぇ…)

 行動力がすぐなくなってしまい、あまり連続して遊べないのは、戦闘がほぼパターンだから飽きないようにの配慮かな。気長に遊んで欲しいのだと思う。ガチャしないとキャラが増えないので、課金力がモノを言う搾取ゲーの面もあるけど、そこは仕方がないね。

 ただ、今は開始直後だから弱いと思われるキャラでプレイしてても支障ないけど、進めていくと、それなりに強い課金キャラでないとやっていけなくなるのかな? 当方は、DQモンスターズなどの「スライムは所詮スライム、育てても魔王には絶対勝てない」というシステムが大嫌いなので、そういうゲームでない事を祈るばかりでございます。結局最後は悟空ベジータばっかりで戦わないと無理とかになると多キャラの意味がなくなるし。…チャオズでセルに無双する夢はいつ叶うというのか。

 まあ、ファーストインプレッションとしては、完成度が高く遊べるゲームではあると思う。読み込み速度もナカナカだしねぇ。

●2018/05/27  → 「TERA」 公式
 TERA『ものは試しでロリコンになる』

 先日ガチャのアップデートがあったのだ。それが天使アバターだったのだ。

 ガチャ宣伝の専用サイトが出来てたので、せっかくなので覗いて見たらこの画像が…、ああ、なんという神々しい美しさ…、たかがエリーンだと思ってたら美しいじゃあないか!

 これなら人間キャラがこの見た目装備を付けても、美しいんじゃないかと思ったら、そのサイトで装備してる参考画像を見たらマッタクそんな事はなく、エリーンが似合いすぎでした、という結論に至った。カッコイイよな。

 …で、エリーン用に1回ぐらいガチャしてもいいかなー、どうせ当たらないよなー、とか思ってたら、まさかの一発Get。
 え、まじで?

 当たってしまったのは実に喜ばしい。皆の者! 盛大に我を称えるがよい! 我が運命力にひれ伏すがよい!!

 とまあ、それは良かったのですが、考えてみたら今育ててるエリーンって、職がクノイチなんだよね。クノイチで遊びたかったんだけど、クノイチはエリーンでしかなれないから作った経緯があるんだけど…。しかし、いままでのゲームやアニメの歴史で、天使のクセに手裏剣で戦う忍者っていう奇抜な発想はなかったもんで、さすがに躊躇(ちゅうちょ)しますわ。忍者で天使装備はまったく魅力が噛み合ってない件。


 仕方ないので元々いたLV28の双剣キャラを課金で種族変更しました。しかも、おあつらえ向きで、先日のゴールデンウィーク・ログイン報酬でGetした「ヴァルキリーヘルム」も持っていたものだから、天使的にバッチリすぎてこれ以上がない。

 似合いすぎィ!…などと浮かれていたのでありました。

 しかしここで気がつく。俺のキャラ、2名いるのに両方ともエリーン…。いくらなんでもロリコンが過ぎるのではないかと。ああ、やはり復帰する時に動物キャラを作っておくべきだったのか? いやでも、天使の姿したタヌキとか、それはそれで斬新だしなぁ…。

●2018/05/27  → 「ブレイブルー クロスタッグバトル」 公式
 その他『最近、気になっているゲーム』

 ええ!? 管理人さん、格闘ゲームなんかやるの?! …いや、全然興味ないよ。

 興味ないからドラゴンボールのだってノータッチだったし。じゃあなんで、いきなりこんなマニアの巣窟みたいな常人から掛け離れた世界に興味なんて持ってんの?…というとですね。

 当方、実は「RWBY」が好きなんよ。アニメ見てた? アクション凄すぎで楽しかった。


 まあ、ルビー本人が大鎌を使っているのが理由じゃないんだけど、あのメンバーが登場するとか、このゲーム以外あり得ないし今後も出ないだろうから、あの4人を使いたいんよ。

 だから、元からのブレイブルーのキャラも、コラボのペルソナキャラもさっぱりだけど、どうにも気になってるんだよね。気持ちは分かるでしょ? まあそんな軽い気持ちなのです。

 ネット対戦とかはやらないかな。操作テクニックなどのセンスがない当方には、コンボで強くなるとかまず無理だから、浅く遊びたい程度なんだけど、格闘みたいなマイノリティの極みのようなゲームだから購入をためらってしまいまして…。ほんと敷居が高いよな。





●2018/05/23  → 「ソウルワーカー」 公式
 その他『大鎌に魅せられて』

 最近、当方が何度か口している「鎌がいいよ、中二病カッコイイヨ」という病気なわけですが、いよいよもって鎌が使いたくて仕方ない病がやばくなってきました。

 鎌カッコイイ!…の基本と言うか、最近目覚めたキッカケとなったのは「ソウルワーカー」のリリーさん。中二病の具現化たるキャラですが、あのゲームはキャラメイクが出来ないからね。自分のキャラで鎌が使えないかと思案していたわけよ。

 オフゲー含めると色々はあるけど、キャラメイク出来る、という条件で探すと、どうやらネトゲばかりになるという問題。オフゲーでキャラメイク出来て鎌使える、となると、難しいようですし。意外とないよね。そういう条件だと。

 なお、「鎌」にも種類があるため、今後は当方が呼ぶ鎌は「大鎌」に統一します。


→ 「FF14公式< トピックス」
 で、見た目が変えられる的な装備であれば有料で売ってる「FF14」。

 両手剣、斧、槍、杖などの見た目を変更して使えるという物好き専用の課金品となっております。鎌の部分を使わない杖が含まれるのはイマイチ理解できないのだけど、まあ好きなら使えば、のようなサービス精神はいいと思う。

 FF14において武器の見た目を変えられる装備って実はあんまり売ってなくて種類も数えるほど。なのに、鎌がこんなにも優遇されて売っているというのは、それだけ要望があったのか客心理を掴んでいるのか。どちらにしろ、物好き向けよね。


→ 「DQ10」
 こちらも課金で販売。ひとつだけある大鎌の見た目装備「冥王の大鎌」は斧専用。

 戦士と言えば両手剣という世間の流れに反し、あえてニッチな斧という少数派の代表みたいな武器を使う事には抵抗がない訳でもないが、でも大鎌となるとこれしか売ってないので選択の余地がない。斧…、ほんと不遇の武器なんだよな…。

 でも大鎌と言うと、破壊力があるイメージなので、斧専用の見た目装備にしているのはいいと思う。敵は色んな見た目の大鎌を持っているヤツが多いんだから、ショップでもそれら全部売ってくれればいいのにとは思っているのだけれど…。


→ 「クリティカ」公式
 キャラメイクはほぼ出来ないながら、超マイナーという意味では大鎌キャラを独占できるアクションゲーム「クリティカ」です。問題は超絶な過疎なので悩ましいところですが。

 ソウルワーカーとはまた違った大鎌使いのキャラ操作は新鮮味があるのだけれど、このゲームってば実に古いらしくキーボード専用ゲームなのよね。近いうちにコントローラでの操作が出来るようになる大型アップデートが来るそうですが、サービス続くのかが不安で仕方がない。
 もし本格的に遊ぶなら、そのアプデ後にはなるのですが、でもキャラが決まっているゲームであるならソウルワーカーで十分だよなー的な気持ちはある。


→ 「PSO2」公式
 さて、一応はこのゲーム「PSO2」にも大鎌あります。いちおう、ね。

 PSO2は武器の種類が豊富な中二病ゲームというイメージが強いのですが、意外な事に大鎌武器があんまりない。これも槍として存在はしているのですが…。

 このゲームってアプデのたびに武器がどんどん新しく強くなり、結果として持っていた武器が古くなり、弱くなる流れを繰り返しているので、自分のお気に入りの武器は100%意味がなくなっていく宿命にあります。この大鎌なんて今じゃゴミそのもの。悲しすぎる…。

 見た目を変える「武器迷彩」という仕組みもあるのですが、剣ばっかり豊富で大鎌が一つもないとか中二病の具現化ゲームとしては大問題でしょ。奇形武器ばっかり実装してないで、大鎌のひとつでも入れてくれれば愛用するというのに。FF14を見習うべき。


→ 「セブンスダーク」公式
 キャラメイクが出来て、最初から明確に「大鎌」を使う事が出来るアクションRPG「セブンスダーク」はその辺が優秀です。2Dライクなグラフィックが美麗。

 最初から好きな武器種を選んで戦えるシステムで、剣や弓などに並んで大鎌が選択できる。もちろん攻撃スキルも独自のもの。また、キャラメイクが出来るので、そういう意味でも大鎌を堪能する事ができるのは実によろしい。

 ただ、マウスオンリーなんだよね。そして操作性が悪いのと、視点を変えられないのは痛い。キャラは可愛いんだけど、爽快感がないのは残念すぎる。


→ 「TERA」公式
 そして今回、とりあえずの最後となるのは「TERA」ですが…、鎌ではあるけど、大鎌じゃあないよね。普通に草刈用の鎌を両手に持っているだけじゃね?

 まあ、そんなわけで、その辺りで見たことあるネトゲで、こじんまりと実装はされているのが大鎌という武器なのです。真摯に大鎌に向き合っているのはセブンスダークだけ、という結果に終わりました。キャラメイクできる縛りにするのは厳しいって事ね。

 オフゲーでの大鎌使いっていうと、大鎌をキャラ付けの道具にしている面が多々あり、個性の一部みたいに扱われている事が多い。むつかしいとこよね。

●2018/05/23  → 「ドラゴンクエスト10」公式
 DQ10『アンケート、何書いた?』

 全体的な評価は平均点4にした。それなりで悪くないけど、停滞してる感がすごいので。

 コンテンツの中でひとつを上げて批判してくれ、という項目は、仲間モンスターにした。文章はここで掲載しているそのままで、キラパンなどが顕著だけど、強いモンスターのと弱いモンスターに差がありすぎる件。弱くてもLV上げて追いつくこともできない。また、MPすぐ切れる問題。

 色々とダメな部分はあると思うけど、今まで見たいなガス抜きのためだけのアンケートじゃなく、意見を書き込めるアンケをする方向性は認めてあげたい。反映されるかどうかは運営のみぞ知る、だけど。まあ、今後に期待ですな。








さらに過去の日記





●ルパルパTOPへ戻る